エア式円柱看板「エアロポールサイン 」

空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロポールサイン

エアロポールサイン「辰年年賀状」昼間

エアロポールサインとは、円柱状のエア造形に文字を印刷
または貼付・縫付し、店舗広告や会場装飾で使用するものです。
基本的な特徴としては以下の通り

●常時送風により形状を維持:電源を入れておけば、
しぼむことなくずっと立っています。
●未使用時はたたんで収納:持ち運びに便利です。
●内部照明で夜光る:夜間も目立つ電飾看板です。
●大型サイズが手軽に設置可能:通常の看板では大きすぎる
サイズも、現地スタッフで安全に設置できます。
●大きさの割にお値打ち:布地使用量と台座・送風機の費用で製作できます。

エアロポールサイン「辰年年賀状」夜間

さらに当社独自の工夫を加え、使用目的・場所に応じて仕様を変え、最適の製品を製作販売しています。

なお、製作費は基本的に以下のアイテムを組み合わせて算出します。

サイン部分:布地使用量×1㎡@10,000
送風機付台座:屋内用Φ600・800 1台¥60,000 
屋外耐風圧仕様 Φ1000 ¥90,000
内部照明(カバー・配線付):1個@3,000

詳しくはこちらのリンクから⇒エアロポールサイン価格算出基準

個別の製作費等につきましては直接お問い合せください。

それでは、各事例ごとの説明を致します。

エアロポールサイン:屋外耐風圧仕様

エアロポールサイン「耐風圧仕様」昼間

路面店で車への集客を目的に製作しました。

<特徴>

・車の煽り風や屋外の突風にも倒れない
⇒高さと幅・奥行のサイズ比率・曲面形状・重心設定を考慮
⇒屋外の強風でも耐えうる、物理的に倒れにくい仕様

・夜間内部照明で目立つ
⇒内部に反射パーツを仕込み、効率良く内照

・文字面が現地で交換できる
⇒短いサイクルで新たな告知・PR:状況を見て広告内容の変更が容易
⇒表面が汚れても文字面交換が安価にできる

エアロポールサイン「耐風圧仕様」夜間

台風襲来のように強風が予想されている時には収納して
いただくように事前にお願いしていますが、
ちょうど納品後に台風並みの突風が吹いた日がありました。しかし、何ら問題なく立っていました。

2012年5月現在、下記の場所でご覧いただけます。

三重県鈴鹿市三日市町976番地5 スギ薬局鈴鹿中央通店

エアロポールサイン:屋外店頭用

エアロポールサイン:屋外店頭用:昼間

都心部のビル内店舗で通行人への
PR・集客を目的に製作しました。

<特徴>

・使う時だけ店の前に出して、
未使用時には店内に畳んで収納

・夜間内部照明で目立つ

・全面印刷で左右両側にPR

こちらの場所に納品しました。

広島県広島市中区新天地6-10本州会館3階
LOUID TAVERN [ルイード・タバーン]

エアロポールサイン:屋外店頭用:夜間

内部照明で夜は鮮やかに光ります。

エアロポールサイン:屋内イベント用:レンタル

エアロポールサイン:展示会説明ボード

製品紹介などのキャプションを印刷して
展示パネルとしてエアロポールサインを用いました。

<特徴>

・文字面は製作(面積で費用算出)
送風機・台座・ベースをレンタル
⇒イベントに合わせたツールを
ローコストで実現可能

・内部照明で目立つ
⇒屋内の暗めな会場で、内部が光ることにより
効果的な演出ができる。

・防炎布地を使用することで
消防関係の規定をクリア
⇒表面布地が防炎認定番号付きの材質
⇒防炎シールを縫いつけて納品

エアロポールサイン:屋外イベント用

エアロポールサイン:屋外イベント用

外車の販促キャンペーン会場で、
会場内の装飾として製作しました。

<特徴>

・黒い色のターポリンを使用
⇒黒ベタのデザインをターポリンで印刷すると、
間違いなく下地の白が 剥げて見えてくる
ので全面印刷は採用せず、もともと黒色の
ターポリン を本体面に採用

・ロゴマークは印刷して貼付け
⇒昼間のみの使用で照明が不要とのことで、
銀色のロゴマークを貼付

当初はレンタル扱いでしたが、お客様が台座をお買い上げ頂き、すべて販売となりました。
お客様でイベントに活用されているようです。

エアロポールサイン:変形(曲がり)店内装飾用

エアロポールサイン:変形(曲がり)

パチンコ店の風除室に設置して、
お客様へのウェルカムゲートとして
製作されました。

<特徴>

・型紙に基づきデザイン作成
通常のエアロポールサインと製作費の計算方法
は同じですが、デザイン作成費が大きく異なります。

⇒デザインして印刷後に配置を検証
⇒上記を繰り返してデザイン決
⇒単なる平面デザインとは違い、製作手間がかかる

エアロポールサイン:変形(曲がり)正面

※今回はご依頼いただいたお客様のデザイン担当
の方に、当社から 型紙データをお渡しして、
お客様でデザインを作成されて
当社にデータを送って頂きました。

・(今のところ)布地はターポリンに限定
⇒二枚合せの製作はシワが発生する可能性あり
⇒背景ベタの部分、色ハゲが発生する可能性あり

・(今のところ)この曲げ形状のみ、
製作に際しては通常と同じ製作費
⇒曲がり以外の変形でエアロポールサインを製作
する場合は 型紙データ作成費が別途かかります。

エアロポールサイン:変形(曲がり)

2012年5月現在、

下記の場所でご覧いただけます。

東京都新宿区歌舞伎町

オリエンタルパサージュ新宿店

(外からは見えにくい場所に

設置されています)