空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

バルーンネオン ~折り畳める巨大電飾サイン~

 

<バルーンネオンとは?>

布製電飾広告幕。空気を常時送り続けて形状を保持する構造。

金属などの骨組みは無く、大型の電飾文字が手軽に短時間で設置可能。台版を強靭なネットにしているので、結束できるところがあれば設置可能。多少の凹凸や曲面にも柔軟な構造なので設置可能。

折りたたんでコンパクトに収納でき、宅急便で全国どこにでも送付可能。

照明は熱量の少ない蛍光灯を採用し、各照明に保護カバーを取り付け、布地に直接あたらない構造になっている。(火災防止対策)
また、布地はFFシートとおなじ、防炎ターポリンを採用しており、屋外の風雨や日光にも3年程度の耐久性がある。

照明の交換はファスナーで開閉して現地で交換可能。

文字はネットで全て縫製されており、通常の広告幕より風抜けが良く、さらに立体文字が曲面形状なので風圧を逃がす構造。
(台風襲来時にもそのまま設置可能。:撤去不要)

常時送風の必要があるので送風機は24時間稼動
(消費電力は少なめ)
(W6mH2mのサイズで電気代は送風機・照明合わせて
                                                      一ヶ月 六千円程度)

電源は送風機・照明とも100V家庭用電源でOK。

内部に仕込む電球のサイズの関係で、文字の太さが20cm以上必要なため、一文字あたりのサイズは、字画の多い文字は2m角以上、字画の少ない文字は1m角以上からになる。


文字のサイズ
文字の太さは通常30cm。
文字のサイズは字画の少ない字は縦横1m角、
字画の多い字(漢字など)は縦横2m(一文字につき)必要です。

バルーンネオンの構造 
防炎布地を立体文字形状に縫製し内部に直接布地に触れないようにカバーがついた電球蛍光灯を多数配置して(1㎡あたり5灯)文字全体を膨らませると同時に文字内部全体を光らせる構造。文字全体を1枚のネットに一体縫製しているので、設置したい場所にネットを広げてロープ等で固定、送風機と電源(家庭用100V)を接続して完成。

 

安 全 性
照明は一灯あたり22W(光量:白熱球100W相当)、手で持てる位の熱量なので火災の危険性も限りなく少なく、布地は防炎認定番号付の素材を使用。目の粗いネットを使用、丸みのある立体形状になるので、耐風圧性が高く、強風が常時吹く場所にも設置が可能。(毎年の台風にも設置した状態のままで耐えている。)


ネット                内部照明


文字だけでなく、マークや絵柄も同様に製作することができます。

例えば、イラストレーターなどで作成したデザインもそのまま巨大な電飾サインとして

「バルーンネオン」で表現することも可能。