空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロアラウンザピラー:「ビアガーデン」

2013年7/22~8/18 東京都千代田区神田須田町1 万世橋高架橋
神田麦酒祭り「ビアアーチ」

光るバルーンサイン!?

神田万世橋のプレオープンイベント、神田麦酒祭り「ビアアーチ」のウェルカムサインとして、今回の製作事例が使われました。今回作成したエアロサインの仕様は、以前作成した避難誘導サインの応用で、一見、風船のように見えるエア式立体看板です。サイン部分を支柱に挿したまま空気を抜いて、支柱に巻きつけて送れます。現地で設置ベースに挿して、コンセントを挿せば自動で膨らみ光ります。

 

〈仕様〉

サイズ  (全体でH3200)
(サイン部分)WDΦ800  H1200

材質  ナイロン布地+ポリエステル布地
                             (インクジェット印刷)

電気容量 (送風機)12V  6.96W
             (照明:E26口金)100V  22W×4個

構造・仕様  膜体内部に筒が有り、下部の筒の穴に支柱を挿し込み、送風機の常時送風による空気圧で内部が膨らみ続け、膜体内部が膨らむと、筒が内部の圧力で締まっていき、支柱が膜体と負圧で固定される仕組み。内部に照明を仕込みサイン部分全体をアンドン看板のように光らせている。

よくある誤解と正解

膨らんでいますが、ヘリウムガスは入っていません。空気で膨らんでいます。空気を入れて栓をしただけではすぐにしぼみます。送風機をずっと回して空気を入れ続けています。送風機を常時使うので電源が常に必要です。ビニール製ではありません。布地をミシン縫製で製作しています。風船とは違い、針で穴を開けてもしぼみません。

製品特性

大きく見えるが軽量で風を受けると揺れる。
控えロープ等で風対策は必須。

照明は市販の電球(蛍光灯・LED電球:昼白色)

支柱は太くてもOK(製作時にサイズを決定)
支柱はサインのてっぺんまで貫通している。

表面は昇華転写印刷(ポンジ等)を縫いつけ。

屋外の耐用期間は常設で 5 ヶ月程度
(イベント時のみ使用なら100日程度)

※サイン部分の交換可能⇒再利用できる


エアを抜いた状態