空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

インフレート看板:「マグロのカマ」

光る「マグロのカマ」造形看板です。
どうやって作られているかわかりますか?

 

ビル1階の寿司屋さんは24時間営業です。ビル屋上のマグロも24時間光って、お客様をお出迎えしています。

 

2013年11月20日~

東京築地場外市場内のビルに設置
(東京都中央区築地4丁目10-5
株式会社カネシン水産ビル屋上)

最初は、魚のバルーンを建物屋外の壁に飾れないかとの問い合わせでした。電話とメールのやり取りを重ねましたが、なかなか決まらず、まずは現地を下見して打ち合わせをすることになりました。現場を見て今回のイメージを思いつき、その場で提案したところ、非常に好評で、すぐに方向性が決まり、今回の製作に至りました。

このように製作・設置しました。

 

〈仕様〉

サイズ
(全体)W2600  H3200  D3800

素材  防炎ターポリン

照明  電球型蛍光灯(100V  22W)

重量  約 50 kg

設置仕様  建物屋上に仮設架台を設置して、エア造形を架台に組み込み設置

ご覧のように、マグロの前半分のみ製作しています。地上から見える部分を想定して、必要最低限の形状で製作しました。下から見るとまるで巨大なマグロが1尾、ビルの屋上にどんと設置されているように見えます。

マグロ本体は架台にしっかり組み込まれ、架台は建物に頑丈に固定しています。基本的に常設で、台風でもこのままの状態で耐えるように設計されています。(必要な場合、マグロのエア造形をしぼませて撤去は可能です)


エア入れ・照明テスト

インクジェット印刷したターポリンを二枚合わせて縫製して製作しています。(ヒレの部分は別で製作しています)中央部分に膨らみシワが出ますが、左右から見る限り、シワはそれほど気になりません。中央部分に架台を挿入する部分を縫製しています。


架台形状      架台設置             本体かぶせ


ビルの既存フェンスに食い込ませています。      設置裏側の状態

 

 

膨らみシワが発生します。