空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

バルーンネオン設置マニュアル(屋根上に設置)

屋根上に架台を自立させ、バルーンネオンを固定してください。事例では単管を組んだ架台を使用しています。目の粗いネットを使用しているので風抜けが良く、通常のシート等の懸垂幕や看板よりも風圧は受けにくい構造なので、この程度の架台で常設可能です。

 

事前に電源位置・設置位置などをご連絡ください。送風口(空気を送る透明のチューブ)の位置と長さを合わせて製作します。送風機はバルーンネオンの面積8㎡~10㎡あたりに1台づつ設置する必要があります。

 

常に送風機で空気を送りつづけて形状を維持する構造なので、送風機はバルーンネオン裏側近くに設置してください。