空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

バルーンネオン設置マニュアル(工事用足場に設置)

 

バルーンネオンのネットを足場の柱に沿ってロープなどで結束。

事例では壁面から持ち出して縛る場所を新たに作っていますが、足場に直接結束しても問題はありません。
(通常のシート等の懸垂幕よりも風圧は受けにくい構造です。)

常に送風機で空気を送りつづけて形状を維持する構造なので、電動送風機を近くに設置する必要があります。
送風機は工事足場の内側などに据え置いて足場などに固定してください。
送風機からバルーンネオンまでは透明な送風口が接続されますので、送風口が通るスペースを確保してください。

 

通常は、照明用の外部コンセントのコードは送風口の中を通しています。(送風口を通さずに別の場所から、コードを出すことも可能)送風機と送風口の接続部分が照明用コードを挟むような形状になりますが、インシュロックやロープ・バインド線などで送風機が外れないように縛ってください。(送風口は厚手の透明ビニールです。番線など金属もので結束する場合は布状のものを挟んでビニールに直にあたらないように養生してください。)

 

事前に電源位置・設置位置などをご連絡ください。送風口(空気を送る透明のチューブ)の位置と長さを合わせて製作します。送風機はバルーンネオンの面積8㎡~10㎡あたりに1台づつ設置する必要があります。面積が広く、送風機を設置できる個所が少ない場合、送風機の機種変更し、風圧・風量を高めにして調整も可能です。