空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

バルーンネオン設置マニュアル(建物壁面に設置)

壁面の縛ることができるところにバルーンネオンのネットをロープ等で結束してください。
上下及び左右に、長くても1m間隔以内で固定してください。(バルーンネオンの内部には電球が入っています。電球にはカバーがついていますが、バルーンネオンが風で煽られると、カバーが耐えられず、電球が割れます。)縛るところが無ければ壁面にアンカーボルトなどを打ち込み、壁面に結束固定する必要があります。
照明用の外部コンセントのコードは送風口の中を通しています。(送風口を通さずに別の場所から、コードを出すことも可能)送風機と送風口の接続部分が照明用コードを挟むような形状になりますが、インシュロックやロープ・バインド線などで送風機が外れないように縛ってください。(送風口は厚手の透明ビニールです。 番線等金属で結束する場合は布状のものを挟んでビニールに直にあたらないように養生してください。)

常に送風機で空気を送りつづけて形状を維持する構造なので、電動送風機を近くに設置する必要があります。送風機は屋上または壁面等に据置固定してください。送風機からバルーンネオンまで透明な送風口が接続されますので、送風口を風圧に耐えるように固定してください。