空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

インフレート看板:ポール看板に取り付けた事例「感激たぬき」

2014年1/末~ 大阪府吹田市岸部北5丁目11-1 感激たぬき千里本店


製作の流れ


元イラスト        立体イメージ作成


はめ込みイメージ


ライト入れチェック               設営風景


実際に設置した状態


目立つ看板にする方法

キャラクター電飾看板を製作するなら、
この事例の手法『インフレート看板』を用いることが、
最も容易で低コストで実現可能。
フレーム不要だから軽量で、折りたたんで搬入できるので設置作業も容易です。
台風など強風時にも撤去不要で、強風に耐えます。
強靭なテント布地(カラーターポリン)を用いていて、鳥がついばんだ程度では絶対に破れません。屋外の耐久性は3年から5年です。(日光による布地の経年劣化)耐用年数をめどに交換していただくことをおすすめしています。

この事例のように目立つ看板にしてみませんか?
目立つ看板にすればお店も繁盛するでしょう。


設置前店舗外観              設置前       設置後


側面      表面               裏側

 

〈仕様〉

サイズ
 W1900  H1300  D300

素材  ターポリン

照明  電球型蛍光灯

重量 (1体あたり) 約 15 kg

製作期間  約 2 週間

耐久期間  約 3 年

Googleストリートビューで見た現地写真です。

WEBで住所か店名から地図検索してください。
地点のストリートビューで、現地の様子を見ることができます。

大阪府吹田市岸部北5丁目11-1 感激たぬき千里本店