空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エア着ぐるみ製作事例:「のぶながくん」「よしもとくん」

『エア着ぐるみ』とは、
空気で膨らむ造形に人間が入り、動いたり歩いたりできるコスチュームです。

従来の着ぐるみから エア着ぐるみへ リニューアル

 

写真左側 2 体

初代の着ぐるみ

 

 

写真右側 2 体

2代目着ぐるみ
(エア着ぐるみ)

2014年10月納品

愛知県豊明市キャラクター
「のぶながくん」「よしもとくん」

 

キャラクター元イラスト

<お客様とイメージのすり合わせ>

イラストを元にキャラクターの立体イメージを作成、クライアントに提示します。作成したイメージからクライアントの意向にあわせ、イメージ修正して再度提示、何度か繰り返して製作前に立体イメージを確定します。立体イメージに基づき、クレイモデル(粘土モデルおよびペーパークラフトの組み合わせ)を制作して実際の製作工程に入ります。


 「のぶながくん」     「よしもとくん」  立体イメージ作成

 

 

 

   装備品イメージ
     ※先方の要望で鎧・兜等を別途製作して装着


クレイモデル作成


エア入れチェック

↑のぶながくんのエア着ぐるみには人間は入っていません。

 

←自立用スタンドを使用


装備品(鎧・兜の鍬形・刀・帯)              装備品未装着状態      装備品装着

 

装備品(鎧の胴)製作過程

細い針金で骨組みを作り、それに紙を貼り、さらにウレタンを貼りこみ。

ウレタンの上に黄色のビニールコーティング布地貼付。

更に黒のビニールコーティング布地を貼り付けて完成。

エア着ぐるみ装備品の特性

●軽量・・エア構造で支えられる程度の重量

●柔らかい表面・・人に当っても痛くない構造

※エア着ぐるみ本体が完成してから寸法を合わせて装備品を製作
→その分納期がかかります。 

 

 

収納ケース   ※青の箱が装備品用

 

 

人気ものになりました。

 


エア着ぐるみ仕様〉

素材  表面:起毛布地
        裏地:コーティング布地

アイテム  本体・送風機・充電機・バッテリー
バッテリー搭載用リュック・収納ケース
装着品各種・自立用スタンド

重量  本体 5 kg 程度・バッテリー10 kg 程度

電源  DCバッテリー(国内市販品)

連続使用時間  2 時間

特記事項  通常は鎧もエア構造で製作するところを、今回はクライアントの意向で装備品として別パーツで製作。装備品は折りたためないので、装備品のみで別途収納ケースが必要となりました。