空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロフィギュア:(マスコットキャラクター製作事例)「ミカリン」

2014年11/13 静岡県伊東市 伊東温泉競輪場

http://www.itokeirin.com/


元イラスト          既存の着ぐるみ                               立体イメージ作成



クレイモデル作成

〈仕様〉

サイズ
W1350  D1200  H2000

材質  ターポリン

重量  約 10 kg
(送風機・ウエイト除く)

電気容量(100V)
300W から 400W

固定方法
両足にポールを挿してスタンドで自立。足の内部にウエイトを仕込んで固定※1人~2人の手運びで収納・移設が可能

 

 

 

屋外常設・夜に光るエア造形で

     二本足で立つ造形を作れる!

取扱説明:エアロフィギュア「ミカリン」

構造  キャラクター内部に支柱2本あり。
        ベースに支柱をさしてキャラクターを立たせる。
        ベースには鉄製ウエイトで固定。
        キャラクター内部に電球形蛍光灯が吊るされて固定されている。

 

 

① エアロフィギュア本体を拡げる

←梱包状態

 

 

 

②ベース(筒を穴に挿して組み立てて使用)を設置場所に二台おいて、鉄製ウエイトをベースの中央上に置き、ベースの筒の穴に本体の支柱を挿す


                                                                                        挿して立たせた状態


③本体の送風口にリングを通して、送風機の送風口の奥まで照明のコードごと挿しこみ、
リングをマイナスドライバーで締めて接続する

 

 

④送風機のコンセントと内部照明のコンセントを電源に接続。エアが入り照明点灯。(どちらもスイッチ無し)

 

⑤ベースの筒に本体の足が引っかかって筒が見えるようなら本体の足を下に下げる

⑥完成 強風時には撤去が必要                                                     内部照明点灯