空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロフィギュア:電飾船パレードの事例

2003年、阪神タイガースが優勝したときに道頓堀にて実施されました

 

〈電飾船パレードにおける
             エアロフィギュアの仕様〉

材質  ナイロン布地

内部照明  電球型蛍光灯

固定  自立台座を置いて設置

電源  船舶内または発電機

重量  送風機+本体 20 kg 程度

耐久性  約 100 日間程度
※屋外使用の日数
(屋内収納期間は含みません)

 

 

立体イメージ

 

 

 

 

〈仕様〉

サイズ  W4600  D1600  H8000

素材  ナイロン布地

画像  縫い付けおよびインクジェット

照明  底面からアップライト
(膜体内部からの照明)

重量  約 50 kg

製作ポイント  橋の下をとおるときに一時的に倒して後復旧させて航行

橋の下を通過


橋の下を通るときは、一時的に空気を抜いて折りたたみ橋の下を通過したら
即、空気を入れて立ち上げます。

このような芸当ができるのはエア造形だけです!

 

大阪の道頓堀を航行する遊覧船にエア造形を設置した事例です。

イベントの電飾船パレードにエア造形が用いられました。本体内部の照明で光らせることができるので、夜間航行は特に目立ちます。

このキャラクターは大阪市の都市緑化おおさかフェアマスコット「城つぼみちゃん」です。