空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロポールサイン:二重かぶせ(一枚画像の場合)

エアロポールサインは骨組みが無く、空気圧のみで自立する構造
常時送風式構造*風船・浮き輪とは違います。)  ※電源必要

 

鮮明な画像の電飾サインです!

 

 

夜間電飾点灯時は、表示面の色調が明るくなり、昼間と違う見え方になります。

昼間はあまり目立ちませんが足元に縫い目が一周ぐるり入っています。

内部照明の場合、夜間は縫い目が見えます。

 

2013年10月30日発送

(看板業者の方より依頼されました)

 

お客様からきた印刷データ

印刷の継ぎ目について

インクジェット(昇華転写)印刷布地を使用。

印刷面の展開サイズ:W2400 H1800

印刷布地の幅がWHとも印刷範囲より大きく、
どこかに縫い目が必ず入ります。
(布地幅 1700 : 印刷有効範囲 1600 )
今回は横に縫い目を入れて製作しました。

 

〈仕様〉エアロポールサイン:二重かぶせ仕様

サイズ  WDΦ800 H1800

表示面  ターポリン+ポリエステル布地(防炎)

重量  約 30 kg

備考  顧客より印刷データ支給いただいて製作
現地に宅急便で納品(設置は先方)