空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロポールサイン:二重かぶせ仕様 エア式電飾円柱看板

当社の標準仕様とします

エアロポールサインは空気圧のみで自立する構造です。
(骨組み無し:常時送風式構造*風船・浮き輪とは違います。)
常時電源が必要です(100V家庭用電源)

〈仕様〉

サイズ  WDΦ600・800・1000  H1500~2700
※屋外の場合 ※背が高いと風で倒れやすい

納期  1~2週間

耐用年数  3年程度 ※印刷面屋外耐用期間3ヶ月

電源  AC100V  100W ~ 300W

仕様  底面キャスターまたは足付き

印刷の継ぎ目について

印刷幅の関係で、現状は高さ1700以下ならば、縦の縫い目は一箇所までに減らせます。このような横に連続したデザインの場合は縫い目でずれる可能性が高いので、高さ制限させていただく場合があります。

↑屋外でも使用可能    閉店時には店内に収納

二重かぶせ仕様とは?

白無地のエアロポールサインに、ポンジに印刷した筒状の布地をかぶせて文字やデザインを表示する仕様です。外側の布地を交換すれば表示面が汚れたり破れたりしても使えます。内部照明が布地を透過して表示面が光ります。

 

←収納状態

特記事項
●外側の布地は紫外線で劣化するので3ヶ月程度で交換が必要
(実験では5ヶ月で破れました)

●外側の印刷済布地(ポンジ)支給での製作承ります。

●かぶせた布地がずれてシワになる場合があるので、
   調整して立てること。


かぶせる前         かぶせ作業        立ち上げ作業

夜は内部照明で光ります(電球型蛍光灯使用:市販品)
照明が切れても現地で調達・交換可能です。