空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロポールサイン:展示会用ツール事例

エアロポールサインは骨組みが無く、空気圧のみで自立する構造
常時送風式構造*風船・浮き輪とは違います。)  ※電源必要

2006/1 ハーレーダビッドソン&ビューエル

〈仕様〉

サイズ  WDΦ800  H2700 *7本とも同サイズ

照明  膜体内部裏側から電球蛍光灯による照明
(各電球カバー付・1本あたり5個)

重量  約 30 kg(1本あたり)

仕様
● 円形台座にポールサインをマジックテープ接続
   (空気圧で合わせ部分の密着度を高める仕様)

● 全面インクジェット出力

● ポールサイン内部に砂袋等を入れて固定

特記事項
縫い合わせの部分(曲がり角の部分)は

文字の合わせ目がずれやすいので、注意が必要