空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロフィギュア:(パレードフロート仕様)「王様と王妃」

2017年10月 ハウステンボス ハロウィンキャットパレード 「王様と王妃」

折りたたんで収納できるエア造形のパレードフロート

巨大な猫人形のパレードフロートの造形「頭部・手・しっぽ・衣装」等を製作しました。エア造形とフレームとの組み合わせはスムーズでしたが、衣装の取り付けはフレームの輪郭が浮き出てこないようにする作業が難航しました。

元イメージから完成まで


元キャラクター                                              パレードカー図面


立体イメージ作成


胴体は鉄製フレームに衣装をかぶせ            王妃は胸部までエア構造に変更


クレイモデル作成


エア入れチェック・完成

 

 

 

ライト入れチェック

表面起毛素材で内部照明


組み立て

 

完成

 

〈仕様〉

サイズ 
(王様)W2400 D2400 H6500
(王妃)W3200 D3200 H6700

素材  ナイロン布地および起毛材質

重量(エア造形部分)5kg 程度

電気容量  100V 160W

構造
頭・手・しっぽをエア造形で製作。胴体はフレームに衣装をかぶせて形状構成。パレードカーに小型発電機を搭載。送風機で常時送風しながら走行。エア造形部分には内部照明設置。


園内テスト走行


収納
パレードフロートにエア造形を用いる理由 ⇒ フロートを収納する倉庫の入口サイズの関係で、背の高い造形では中に入らないが、エア造形なら、しぼませて入口をくぐって倉庫に収納できる。