空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エア着ぐるみ製作事例:「赤い鳥」

『エア着ぐるみ』とは、
空気で膨らむ造形に人間が入り、動いたり歩いたりできるコスチュームです。

2018年3月納品 中古車買取店T-UPキャラクター「赤い鳥」

 

 

エア着ぐるみパーツ一式

〈仕様〉
素材  表面:起毛布地 裏面:コーティング布地

アイテム  本体・バッテリー(予備含め2個)・送風機
        充電機・バッテリー搭載用リュック・収納ケース

重量  本体3kg程度・バッテリー2.7kg

電源  DCバッテリー(国内市販品)

連続使用時間  約4時間以内(バッテリー1個)
※継ぎ足し充電でバッテリーを交互に使用すると終日連続で使用できます。


元イラスト       既存の着ぐるみ                   既存のFRP造形↑  ↑エアロフィギュア
                                                                                              2001年に当社で製作


立体イメージ作成


クレイモデル作成

エアロフィギュアとエア着ぐるみデザインの違い


エアロフィギュア          エア着ぐるみ           内部イメージ図

エアロフィギュアの場合、細い首や足でも空気が入る口径であれば、イラストに近い造形が可能です。(自立させるには支柱が必要)
エア着ぐるみの場合、キャラクターの首が、人の肩よりも下の位置になるので、キャラクターの首を人の肩幅より太くする必要があります。そのため、エアロフィギュアとは違い、くびれの少ない形になります。

のぞき窓

目をのぞき窓にしましたが、足元が見えないので、くちばしの下に赤い布地を重ねた、目立ちにくいのぞき窓を設けました。


のぞき窓(両目の黒目部分)                      内部から見た画像(目の窓)


のぞき窓(くちばしの下)                        内部から見た画像(くちばしの下の窓)