空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロフィギュア:(エアロアラウンザピラー仕様)「ティラノサウルス」

2018年4月27日設置 福井県勝山市村岡町寺尾51-11

かつやま恐竜の森 かつやまディノパーク https://www.dinopark.jp/

二本足で立つ大型造形

「かつやまディノパーク」は多くの観光客が訪れる福井県勝山市の「恐竜博物館」近くにあります。しかし、博物館より一段下の駐車場内にあり、博物館からは全く見えない場所です。それゆえ、博物館から見える位置に入口を設置していましたが、入口ゲートが博物館から数百メートル離れていて、小さくしか見えず、観光客の誘導が思うように出来ていませんでした。今回、ティラノサウルスのエアロフィギュアをウエルカムモニュメントとして設置し、遠くから目立つようにしました。


既存の看板支柱にトラスをかぶせ、エアロフィギュアを支える仕様

昨年までの入り口                     先方からのイメージ


立体イメージ作成


クレイモデル作成


ミニチュアモデル作成:支柱が貫通する部分を確認するために製作。頭部は省略


エア入れチェック:完成

〈仕様〉

サイズ  W2600 D6300 H5000

素材  ターポリン

重量(エア造形部分) 20 kg 程度

電気容量  100V 160W

構造  エア造形内部に支柱を挿入して、膨らませて自立させる仕様(エアロアラウンザピラー仕様)

<設置作業>


内部にトラスを挿入                トラスを支柱に挿入              本体を膨らませる


上部のトラスを支柱と固定       トラスを支柱に固定                完成


遠方から目立つようになりました