空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロポールサイン耐風圧仕様:工事現場用

エアロポールサインは骨組みが無く、空気圧のみで自立する構造
常時送風式構造*風船・浮き輪とは違います。)  ※電源必要(100V 300W程度)

自社開発:着せ替え仕様 (文字・表示を現場で交換できます)

着せ替え仕様とは?
白無地のエアロポールサインへ、ポンジに印刷した筒状の布地をかぶせて文字やデザインを表示する仕様です。外側の布地を交換することで、現場や工事名称が変わっても使えます。

特記事項
●外側の布地は紫外線で劣化するので半年程度で交換が必要

●外側の印刷済布地(ポンジ)支給での製作承ります。

●立上時に内部布地がヨレる場合があるので、調整して立てること。

●左右の持ち手を二人で持ち上げて移動すること(引きずらないように)

〈仕様〉(送風機・照明・台座付)

重量  80 kg

サイズ  WDΦ1000  H約3000

納期  1~2週間

耐用年数  5年程度

電源  AC 100V  300W


車から文字がよく見える!
使用事例(初期型):大手ゼネコンが購入して、実際の道路工事現場で使用。

 

 

夜は光ります(電球型蛍光灯使用:市販品)

照明が切れても現地で調達・交換可能です。
前面のみ照明入り。
オプションで裏面に照明入れ可能。

 

 

 

 

 

収納状態
空気を抜くと小さくなり、
宅急便で運搬できます。