空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロ・オン・ザ・ルーフ:(施設のシンボル)「あるあるベアー」

2012/12/10~

福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5
あるあるシティ屋上
小倉駅新幹線口より徒歩2分 

http://aruarucity.com/city/

 

小倉駅新幹線口側のロータリーから

より集客を図るためと、アパマンショップのPRも兼ねて、アパマンショップのキャラクター『あるあるベアー』を製作し、北九州市の小倉駅前に2012年8月にオープンした、サブカルチャー施設「あるあるシティ」の屋上に設置しました。
施設自体は建設されてからかなり年数が立っている施設ですが、「あるあるシティ」のシンボルとして、お客様を引きつけることでしょう。

アパマンショップのキャラクター あるあるベアー

〈仕様〉

サイズ  W3600  D3700  H4500

電気容量 
(送風機)100V 280W×1台
(照明)100V 22W×28個

布地材質  防炎ターポリン

設置架台  軽量鉄骨溶接組

設営時間  約 1 日(10:00~16:00)

点灯時間  18:00~23:00

製作納期  約 1 ヶ月

 

お腹の文字を見せたいという要望で、さらに、植栽の部分のみで設置しなければならないという注文でした。そこで、施設屋上のフェンスを架台として活用し、エア造形内部に架台が食い込むような形状で製作しました。この形状は強風にも耐える構造です。

小倉駅新幹線ホーム(上り)から