空気と布でつくる膨らむ造形工房-クエストアンドトライ

エアロフィギュア:(商品モデル)「ラムネ瓶」

2014年7月納品     白糠町「鍛高ラムネ」
北海道白糠郡白糠町コイトイ40番地3 株式会社白糠町振興公社

白糠町役場産業振興課の方から、白糠町特産品「鍛高ラムネ」の大型造形製作依頼を受けました。ラムネの瓶を製作するのは初めてで、商品サンプルを送っていただき、そこから型紙を採寸して、実際に使用する色付き透明ビニールで試作してみました。ご覧のように『ラムネ瓶』の雰囲気が出ているので、これで製作にかかりました。(ラムネ瓶の丸い凹みは残念ながらエア造形では表現できないので省きました)印刷部分に関しては、実際に製品で使用しているものと同じデータで印刷して用いました。キャップの部分の印刷は変形の形状なので、印刷データを加工してズレが無いようにしました。エアなので折りたたんで収納・運搬ができます。(ゆうパックで発送可)


     この商品を製作しました。    事前に試作して形状を確認しました。

 

 

〈仕様〉

サイズ  WDΦ660  H2500

材質
透明部分:色付き透明ビニール
印刷部分:ターポリン(インクジェット印刷)

構造  エアロポールサインの台座に取り付け

重量  約 15 kg

 

 

←透明ビニールのほうがターポリンより伸びるので、
このように膨らみがでます。

 

 

←印刷データはお客様から支給していただきました。

 

 

 

道の駅しらぬか恋問の入り口に
設置されていました。